[韓国留学]留学直前に受ける予定だったTOPIKを受けられなくなった話(泣)

こんにちは!yuuです☆

今日も韓国は30度近くと暑いようです…。

今日は朝早くに起きてカフェに行き、勉強と作業を使用と思っていたのに結局家から出ず…(笑)

出前を頼んでしまったので、今日は家から出なさそうです(笑)

さて、今日はタイトルにもあるように、留学直前に受けようとおもっていたTOPIKを受けられなくなった話をしていきます!(笑)

結論から言うと…

試験日に顔写真付きの身分証を用意出来なかったのです(´;ω;`)

TOPIKは試験当日に、パスポート運転免許証個人番号カード(マイナンバーカード)などの公的な顔写真付きの身分証明書を持参しなければなりません。

以上を踏まえ、私がTOPIKの試験を受けられなかった理由としては2つ程あります。

  1. 顔写真付きの公的身分証明書がパスポートしかない。
  2. パスポートは当時ビザ申請の為領事館に預けていた。

私は運転免許証を持っていないし、マイナンバーカードも通知カードのままだったのです。

試験とビザのタイミングが悪かった(泣)

丁度、TOPIKの試験は出国の半月前でした。

留学前に自分の韓国語能力がどの程度か、そして資格にもなるから受けたいと思っていました…。

試験料も払っているし必死な私は、

パスポートのコピーまたは住民票や戸籍謄本等は証明になるかどうかを韓国教育財団に問い合わせしました。

住民票や戸籍謄本なんて委任しない限り自分しか発行することが出来ないから証明になるのでは…?と思ったのです。

しかし、

『顔写真付きの身分証に関しましては、顔写真付きの公的証明証又は、顔写真付きの学生証のみが該当致しますのでご参考くださいませ。』

という返信でした。

さらに、試験直前の案内メールにも

『顔写真付き身分証明書は必ず持ってきてください
 国家機関またはこれに準ずる機関により発行された顔写真付き身分証明書が
 無いと受験することができません
未所持が確認された場合、
 退場していただく場合があります。

 身分証明書の例:マイナンバーカード、運転免許証、住民基本台帳カード、
 パスポート、在学中の学生証(顔写真入り)、顔写真入り健康保険証(顔写真
 無しは不可)、在留カード、外国人登録証、障がい者手帳など』

と書いてありました。

ですよねーーー( ;∀;)

ということで泣く泣く諦めたのです(笑)

私の確認不足がこのような結果に至りました…。

もっと早く気づいていればマイナンバーカードを申請出来たのに…

自分のバカ…(´;ω;`)

公的身分証は作れるものがあれば作っておくべきですね。

学びました(笑)

私のようになる方はいないと思いますが、留学直前にTOPIKを受けようとしている方がいらっしゃいましたら参考までに…(笑)

では(^^)/



最新情報をチェックしよう!